業者へフライヤー印刷を依頼しよう【対費用効果の高い業者を選ぶ】

メニュー

フライヤーの豆知識

印刷物

チラシとフライヤーの違い

自宅やネットプリント、印刷所などを利用してフライヤー印刷をする人は多いです。昔からお店やイベントの宣伝の他、クリエイターが自らフライヤーを作成して情報を発信する事が宣伝において一般的でした。ネットでの情報拡散や宣伝が盛んな現代でも、記憶に残りやすい宣伝方法として根強い人気があります。そもそもフライヤーとはいったい何なのでしょうか。その語源は、空からチラシをばらまいて宣伝をしていたことから「フライヤー」と呼ばれるようになったとされています。ちなみに、チラシもフライヤーもビラも同じ意味だそうです。フライヤー印刷の際、ネットでの宣伝とは違った印象を与えるために気を付けるべきポイントがあります。まず、ネット広告との差別化をはかるため、フライヤー印刷を依頼する際は「紙の手触り」や「紙の厚み」「インクの色」にこだわった方が良いという点です。フライヤーは人が触れ、読むものですよね。紙にはツルツルしたものや凸凹があるもの、きらきらとパールが入ったものなど様々な種類があります。特殊紙と呼ばれ少々お値段が張りますが、オーソドックスな上質紙よりも印象に残りやすく、また宣伝したい情報のイメージが伝わりやすくなります。例えば天然酵母を使用したパン屋さんのフライヤーであればクラフト紙を使うなど、工夫する事で人の心を惹きつけやすいのです。フライヤー印刷は、ただ宣伝をするだけではなく、お店のこだわりやイベントの楽しさなどを何倍にも魅力的に伝えてくれるものです。デザインや内容にこだわって納得のいくフライヤーを作成しましょう。